ホットプレートってどのくらい電気代かかる?

ホットプレートの電気代はいくらぐらいなのでしょうか?
電気代は使用した時間と消費電力によって決まります。
また消費電力は設定温度によって変わってきます。

例えば家電メーカーのタイガーより発売されているホットプレートは消費電力1200Wです。
これに対し象印のホットプレートは1350W。
消費電力差は150Wありますが、そうなると電気代に大きな差は出てしまうのでしょうか?
では実際に電気代を計算してみましょう。
まずは1時間使用した場合の電気代です。

1200W÷1000×1時間×22円(1kWhあたりの電気料金単価の全国平均値)=26.4円
1350W÷1000×1時間×22円=29.7円

ワット数が150程度違くても1時間使用時の電気代に大きな差はありませんね。
では毎日1時間使用した場合の1ヶ月間の電気代も計算してみましょう。

1200W÷1000×1時間×30日×22円=26.4円=792円
1350W÷1000×1時間×30日×22円=29.7円=891円

1ヶ月間の電気代で比較してもその差は約100円と大きな差はないですね。
最もホットプレートは選定温度になれば通電するのを暫く止めて、温度が下がったらまた通電を再開しますので上記のような単純計算で電気代が分かるわけではないです。
ですから実際の電気代はもっと安く済むと思ってよいでしょう。気になる人はコチラから

トースターはどのくらい電気代がかかります?

朝食はパン派という方であればトースターを使用する回数は多いかと思います。
中には毎日のように使う方もいらっしゃいます。
そこで気になるのがトースターの電気代ではないでしょうか?
1回の使用で電気代はいくらぐらいかかるのでしょうか?

トースターにはいくつかの設定W数がありますので、使いかたによって電気代は異なってきます。
またトースターは庫内の大きさでも電気代に影響してきます。
庫内サイズが大きいと熱を十分に循環させるのに時間を要します。
つまりサイズが大きいオーブントースターを使用する場合は、W数を高くして調理することで必要な時間を同じくすることが出来ます。

通常のオーブントースターの消費電力量は1000W前後ですが、トーストメニューなら500W~700W前後の消費電力で済みます。
では仮にトースターを5分間使用した場合の電気代を計算してみます。
1kWhあたりの電気料金単価は22円とします。

500W÷1000×5分÷60分×22円=0.916円
1000W÷1000×5分÷60分×22円=1.8円

オーブントースターを5分使用した場合の電気代は約0.961円~1.8円となります。
では1日5分毎日使用した場合の1ヶ月間の電気代を見てみましょう。
500W÷1000×5分÷60分×30日×22円=約27円
1000W÷1000×5分÷60分×30日×22円=約54円

1ヶ月間の電気代は約27円~54円、年間ですと324円~648円となります。
毎日食パンを焼くのに使う方も多いかと思いますが、1回の使用時間は短いですから毎日使用したとしても電気代はそこまでかかるわけではないようですね。分譲太陽光発電ってなに?

食器洗い機って電気代はいくらぐらいですか?

家事炊事の中で最も大変なのが食事に使用したお皿などの洗い物ではないでしょうか?
家の掃除なら1日1回で済むけど食器洗いは1日に3回することだってあります。
そんな面倒な作業を代わりにやってくれるのが食器洗い機です。
特に最近のは驚くほどキレイに洗ってくれますからホント便利ですよね。
そんな食器洗い機ですが気になる電気代はいくらなのでしょうか?
食器洗い機の電気代を見てみましょう。

食器洗い機の消費電力量はメーカーや機種によって当然異なりますが、一般的なタイプですと1回の洗浄で約800Wh程度、小さめサイズですと600Wh程度となります。
では1度の洗浄でどれぐらいの電気代がかかるのか計算してみましょう。
なおここでは1kWhあたりの電気料金単価は22円で計算します。

仮に1時間運転させたとした場合の電気代は、
600÷1000×22円=13.2円
800÷1000×22円=17.6円

1日に3回使用しても100円かかりません。
ただ手洗いで済ませれば電気代は0円ですから、そう考えると安いのかというと正直微妙な気もしますね。
1日3回使用した場合の月の電気代は1188円~1584円、年間だと約14256円~19008円にもなります。
これを知ってしまうと毎日食器洗い機を使うのを躊躇ってしまう方も多いのではないでしょうか?
電気代のことを考えると出来るだけ手洗いにしてたまに食器洗い機を使うのが良いのかもしれませんね。土地付き太陽光発電のデメリット